FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感情に左右されない

アニマルコミュニケーターとは

「動物と人間の通訳のような役割」と言われています。

通訳の経験のある私には、それがどんなことかよーくわかっています。
自分の意見や価値観や考えなど一切必要のない職業です。
ましてや感情なんてとんでもない

通訳に徹しなければいけないのは重々承知なんですが、
動物さん達とコミュニケーションしていると
感情移入して、悲しくなったりすることも多々あります。

特に悲しい経験をしたり、辛い過去がある動物は、
それをどこか心の片隅に持ってます
人間でいうトラウマなんでしょうね。
それが伝わってきますが、クライアントさんに伝える必要のない時は
詳しくは教えてくれません。

虐待の経験のある子で、次の飼い主さんに引き取られた場合、
その人や家族に完全に懐き、安心して暮らせる場だと
信頼するまで1~2年くらいかかるように感じます。

動物自身の問題であれば、クライアントさんに理解して頂くのは
割と容易なんですが、クライアントさんやそのご家族に
問題がある時は結構大変です^_^;

これは動物を通じて伝わる場合と、直接チャネリングしちゃう(というか情報が入ってくる)
場合があります。

ただし動物さん達はクライアントさんの都合の悪いことは
言いません(笑)
口を濁すというか、どちらかと言えば隠そうとします。

誤解のないように書きますが、コミュニケーションしてても
生活の全てが視えるわけではもちろんありません。
家の中は視える時がありますが、必要のない時は視えませんw
(なので家の中を片付けなくても大丈夫ですw)

でも、どんな時でも
「中立であること」
「偏見を持たないこと」
「感情移入しないこと」

は心がけています。

そして最も大事なことは、

人間と動物に対してどちらにも、平等な愛が根底にあることです

サポートを必要としているのは人間も動物も同じです。
セッションでは動物・人間双方の癒しのお手伝いを
させて頂いてます

命あるもの全てに感謝です

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。