FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先代みみ♪

みみは1998年の私の誕生日に母がプレゼントしてくれたわんこです
犬を飼う気はなかったんですが、偶然入ったペットショップに生後2ヶ月のみみがいました。
ケージの中で必死にアピールしてるみみを見て、もう置いていけなくなりました^_^;
それくらい必死だったんだなぁ・・・w


来たばかりのみみ 1998年10月21日

FH000023.jpg


先天性の病気で下半身が悪く、足腰が弱かったです

FH000005.jpg

とってもお茶目で、きかん坊だったけど憎めない可愛さでした

crossing.jpg

5歳の誕生日が過ぎた秋に、アゴの下にタラコ大のころころした出来物を発見しました。
すぐにネットでしらべたら良くないことばかり書かれていました。
丁度、膀胱炎で病院にかかっていたので、次の日検査してもらったところ悪性リンパ腫と言われました。
ネットで調べていたので知識はあったのですが、何かの間違いだと信じていた。
でも検査の結果を聞いてその場で泣き崩れました。
結構ステージが進んでいて、長くて3年、短くて3ヶ月の命と言われました。
それからすぐ抗がん剤を投与し、様子をみました。
腫瘍も小さくなり、驚くほど回復し、このまま完治して欲しいとどれだけ願ったことか。


抗がん剤治療中の頃

FH020024.jpg

それから1年と2ヶ月治療を続けましたが、抗がん剤も効かなくなり、大好きなお散歩にも
やっと行けるかどうかまで弱ってしまいました。
そして戌年で、みみの写真を刷った年賀状を全部出し終わった2006年1月5日、
みみは7歳と4ヶ月で天国に行ってしまいました


治療中だったけど元気なみみ この写真はみみが大好きだった出窓に飾ってます

FH000018.jpg

子供のいない私たち夫婦にとってみみは大事な大事な宝物でした
その後、私がアニマルコミュニケーターを目指すきっかけとなってくれて、随分と応援してくれたそうです。
今でも時々みみが側に感じたり、たまにですが話したりすることもあります(=^^=)♪
ずっと何か物足りないと感じてた私に、使命や目的を見つける手伝いをしてくれたのもみみです。
一生、いや何度生まれ変わってもみみのことは忘れることはないでしょう。
それほど大きな存在です


- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。